朝日町空き家利活用促進対策事業補助金

空き家の有効活用、流通の促進を図り、移住・定住、空き家の解消につなげるため、

 (1) 空き家をサテライトオフィスやコワーキングスペース等に改修する費用

 (2) 空き家の所有者が行うリフォーム工事費用

 (3) 空き家に残された家財道具等の処分等費用

上記の3つの事業に対し、助成制度を設けています!

 

(1) 朝日町空き家活用モデル事業費補助事業

【補助対象者】 

 町内の空き家を取得又は賃借し、サテライトオフィスやコワーキングスペース等の施設整備のために必要なリフォームを行い、当該施設の運営を行う事業者

【補助対象条件】

・過去に当該補助金の交付を受けたことがない住宅であること。

・町内施工業者によるリフォーム工事であること(補助対象となるリフォーム工事については、下記をご覧ください。)。

・年度内に着手し完了する工事であること。

【補助金】 1家屋につき補助限度額100万円(補助対象工事費用の2分の1)

補助対象経費 (WORD:15.2KB)(※(1)~(3)の事業について記載があります)

【様式】朝日町空き家活用モデル事業費補助事業申請書 (WORD:13.3KB)

【様式】朝日町空き家活用モデル事業費補助事業実績報告書 (WORD:12.5KB)

【様式】朝日町空き家活用モデル事業費補助事業請求書 (WORD:12.7KB)

 

(2) 朝日町空き家改修費補助事業

【補助対象者】 

 朝日町にある空き家の所有者

【補助対象条件】

・朝日町空き家情報バンクに賃貸物件として登録すること(おおむね3年間)。

・町内施工業者によるリフォーム工事であること(補助対象となるリフォーム工事については、下記をご覧ください。)。

・年度内に着手し完了する工事であること。

【補助金】 1家屋につき補助限度額50万円(補助対象工事費用の2分の1)

補助対象経費 (WORD:15.2KB)(※(1)~(3)の事業について記載があります)

【様式】朝日町空き家改修費補助事業交付申請書 (WORD:16.5KB)

【様式】朝日町空き家改修費補助事業実績報告書 (WORD:12.5KB)

【様式】朝日町空き家改修費補助事業請求書 (WORD:12.7KB)

 

(3) 朝日町空き家家財道具等処分費補助事業

【補助対象者】

 朝日町にある空き家で、売買契約または賃貸契約が成立した物件の所有者(売買物件については、売買契約が成立する前の所有者を補助対象としますが、委任状の提出があれば、売買契約成立後の所有者が申請することもできます)

【補助対象条件】

・朝日町空き家情報バンクを通じて売買契約または賃貸契約が成立した物件であること。

・町内業者を利用すること。

・年度内に処分等が完了すること。

【補助金】 1家屋につき補助限度額10万円(補助対象工事費用の2分の1)

補助対象経費 (WORD:15.2KB)(※(1)~(3)の事業について記載があります)

【様式】朝日町家財道具等処分費補助事業交付申請書 (WORD:16.3KB)

【様式】朝日町家財道具等処分費補助事業実績報告書 (WORD:13.9KB)

【様式】朝日町家財道具等処分費補助事業請求書 (WORD:12.8KB)

 

 

空き家・空き地情報バンクチラシ(表)(PDF:730.1KB)

空き家・空き地情報バンク(裏)(PDF:1.9MB)

 

【お問合せ先】
移住定住拠点施設 こすぎ家 (受託事業者:特定非営利活動法人 コクリエ)
電話番号 0765-83-3453
開設時間 午前 10 時から午後 5 時まで (土日祝日休み)

 

朝日町役場 住民・子ども課
電話番号 0765-83-1100 (内線154)
開設時間 午前 8 時 30 分から午後 5 時 15 分まで (土日祝日休み)
お問い合わせ先
朝日町役場 住民・子ども課
〒939-0793 下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。