子どもの予防接種(定期接種)

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期予防接種について

 予防接種は、ワクチンで防げる病気にかかりやすい年齢になる前に接種しておくことが重要です。新型コロナウイルス感染症を予防するための対策も重要ですが、これまでどおり、接種できる年齢(月齢)になったら速やかに接種するようにしましょう。

 予防接種を受けに行く際には、お子さんや付き添いの保護者の方については、発熱やせきなどの症状がないことを確認すること、大人は手指消毒や手洗い、マスクの着用を確実に行いましょう。

 なお、長期にわたり療養が必要となる病気等でやむをえず定期予防接種ができない場合は、保健センターへご相談ください。

 

日本小児科学会でも「新型コロナウイルス感染症に関するQ&A」を公開しています。

下記よりご覧ください。

 

日本小児科学会 新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

対象疾病・対象者・回数

対象疾病 対象者 回数
ロタウイルス感染症 ロタリックス® 生後6週に至る日の翌日~生後24週に至る日の翌日 2回
ロタテック® 生後6週に至る日の翌日~生後32週に至る日の翌日 3回

B型肝炎

生後12か月未満 3回
Hib感染症

生後2か月~5歳未満

(接種開始月齢により接種回数が異なります)

・初回3回

・追加1回

小児肺炎球菌感染症

生後2か月~5歳未満

(接種開始月齢により接種回数が異なります)

・初回3回

・追加1回

ジフテリア・百日せき

破傷風・ポリオ

(四種混合)

第1期

生後3か月~7歳6か月未満

・第1期初回3回

・第1期追加1回

ジフテリア・破傷風

(二種混合)

第2期

11歳~13歳未満

1回
結核(BCG) 1歳未満 1回
麻しん・風しん

・第1期:1歳~2歳未満

・第2期:5歳~7歳未満

 (小学校就学前の1年間)

・第1期1回

・第2期1回

水痘 1歳~3歳未満 2回
日本脳炎※1

・第1期:生後6か月~7歳6か月未満

・第2期:9歳~13歳未満

・第1期初回2回

・第1期追加1回

・第2期1回

ヒトパピローマウイルス感染症※2 小学6年生~高校1年生

3回

2種類のワクチンがあります

※1 日本脳炎の予防接種は、平成17年5月から平成21年5月まで接種勧奨を差し控えていましたが、新しいワクチンが開発されたことから、接種勧奨を再開しています。

特例措置として、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方で1期・2期の接種が終わっていない方は、20歳未満の間、日本脳炎の定期接種を受けることができます。

※2 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種は、平成25年6月から接種勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月の専門家の会議で、安全性について特段の懸念が認められないことが確認されたため、令和4年4月より接種勧奨を再開しています。詳細は、下記「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチン」をご覧ください。

 

対象月齢になったら、お子さんの体調の良いときに、医療機関に予約して接種しましょう。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチン

町内指定医療機関

◎あさひ総合病院(0765-83-1160)

◎坂東病院(0765-83-2299)

◎島谷クリニック(0765-83-2225) 1歳6か月~

※接種時年齢や、ワクチンの種類によってお取り扱いのないものがありますので、直接お電話にてご確認ください。

県内協力医療機関

 朝日町指定医療機関以外の県内協力医療機関でも接種することができます。ご希望される場合は、必ず下記の「県内協力医療機関一覧」を事前に確認・予約のうえ、接種をお願いいたします。

県内協力医療機関一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
朝日町保健センター
〒939-0746 下新川郡朝日町荒川262-1
電話番号:0765-83-3309
ファックス:0765-83-3309
保健センター
くらしのインデックス
  • 妊娠・育児
  • 小・中学校
  • 高齢者・介護
  • 健康・医療
  • 防災・安全安心
  • ごみ
  • 届出・証明書
  • 税金
  • 保険・年金
  • 産業・仕事
  • 就職・退職
  • 死亡・相続
  • よくある質問と回答
  • 各課へのお問い合わせ