朝日町「ゼロカーボンシティ」宣言

朝日町「ゼロカーボンシティ」宣言

 朝日町は、朝日町議会と共同で2022年6月14日(火曜日)に、「ゼロカーボンシティ」宣言を表明しました。2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」へ、朝日町は朝日町議会と共に挑戦します。

朝日町「ゼロカーボンシティ」宣言(PDF:943KB)

世界や日本における取組

 近年、地球温暖化が原因とされる気候変動の影響により、世界中で甚大な自然災害が頻発しており、国内においても異常気象に見舞われるなど、住民生活にも大きな影響が及んでいます。

 2015年に合意されたパリ協定では、「産業革命からの平均気温上昇の幅を2℃未満とし、可能な限り1.5℃に抑えるよう努力する」との目標が国際的に広く共有されました。その後2018年に公表されたIPPC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では、「気温上昇2℃より低い1.5℃に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにすることが必要」とされ、政府は2020年10月カーボンニュートラルを表明し、脱炭素社会の実現に向けた政策を強力に推進する方針が打ち出されました。これを受けて、官民問わず社会全体で取組が進められています。

 

朝日町における取組

 朝日町では、これまで役場組織に「再生可能エネルギー推進室」を設け、朝日町再生可能エネルギービジョンの策定や国の補助金等を活用した公共施設への太陽光発電設備の導入、小水力発電をはじめとする民間事業者による再生可能エネルギーの導入支援などに取り組んできました。2022年4月には、「みんなで未来!課」を設置し、DXやSDGsとも絡めながら、カーボンニュートラルをより強力に推進する取組も進めています。

 

他自治体における動向

 2022年5月31日現在、全国702の自治体(42都道府県、415市、20特別区、189町、36村)が「ゼロカーボンシティ」宣言を表明しています。富山県内においては、富山県、富山市、魚津市、南砺市、小矢部市、立山町が表明しています。

お問い合わせ先
朝日町役場 みんなで未来!課
〒939-0793富山県下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。