海2

ヒスイ化石KANについて

ヒスイ海岸は、宮崎地区から境地区にかけて続く、約4kmの美しい海岸です。

浜辺の石を見てみると、名前の元になったヒスイだけではなく、驚くほど多くの種類の石があることがわかります。

これは朝日町周辺の地域が様々な岩石によって出来ていて、その石がヒスイ海岸に流れつくためです。

朝日町でこの海岸の石を利用した歴史をたどると、縄文時代にまでいきつきます。

ヒスイ海岸自然史展示室「ヒスイ化石KAN」は、これらの石を学び、

石の歴史をたどる展示室です。

展示のごあんない

ヒスイ化石KANでは、3つの展示コーナーと、触って楽しめる標本を用意しています。

 

ヒスイ化石展示室
ヒスイ海岸と輝石

ヒスイ海岸とヒスイ輝石

・・翡翠の展示・・

翡翠は、鉱物としてはヒスイ輝石といいます。

ヒスイ輝石は緑色の鉱物と思われがちですが、純粋なものは真っ白です。

ヒスイ輝石にオンファス輝石や、鉛筆の芯としてなじみ深い石墨、

チタンや鉄を含むことによって緑や黒、紫、青色になります。

ここではヒスイ海岸で採取した翡翠を展示しています。

展示に関連する場所

ヒスイ海岸

ヒスイテラス(外部リンク)

 

浜山

ヒスイ海岸の石を使った人々

・・遺物の展示・・

古墳時代の浜山玉つくり遺跡の人々は、

目の前の海岸から石を拾い、玉の加工を行っていました。

玉の材料となる翡翠だけでなく、

砥石などの石も海岸から調達していたようです。

これらの遺物の石材を、海岸の石と比べて展示します。

展示に関連する場所

浜山玉つくり遺跡

ヒスイ海岸

 

恐竜の谷

境川・恐竜時代の谷

・・化石の展示・・

ヒスイ海岸にそそぐ川のひとつに「境川」があります。

この川の両岸は、すべて恐竜がいた時代にたまってできた地層でできています。

ここからは、ジュラ紀初期の化石が沢山見つかっています。

展示に関連する場所

境川(河口~上流)

 

 

うもれた化石

境川流域の化石

谷

恐竜の谷の地質

翡翠海岸の石

ヒスイ海岸の美しい砂利浜

施設利用案内

開館時間    9時から16時30分(最終入館16時)

入館料     無料(ただし、オートキャンプ場の駐車場利用は1回500円)

休館日     毎週火曜日、冬季、年末年始、展示入替期間、その他臨時休館あり

所在地     富山県下新川郡朝日町境151(朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場管理棟内)

電  話     まいぶんKAN(0765-83-0118)または朝日町教育委員会(0765-83-1100)

 

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

朝日町埋蔵文化財保存活用施設まいぶんKAN

お問い合わせ先
朝日町埋蔵文化財施設 まいぶんKAN
〒939-0723 富山県下新川郡朝日町不動堂214
電話番号:0765-83-0118
ファックス:0765-83-0118