新型コロナワクチンの効果と副反応

新型コロナワクチンの「効果」

 日本では現在、ファイザー社、武田/モデルナ社、及びアストラゼネガ社(※1)のワクチンが薬事承認されており、予防接種法における接種の対象となっています。

 いずれのワクチンも、薬事承認前に、海外で発症予防効果を確認するために臨床試験が実施されており、ファイザー社のワクチンでは約95%、武田/モデルナ社のワクチンでは約94%の発症予防効果が確認されています。また、アストラゼネガ社のワクチンは、海外で実施された複数の臨床試験の併合解析の結果から、約70%等の発症予防効果が確認されています。(※2)

 また、いずれのワクチンも、90%以上の重症化予防効果を示す報告等があります。

 効果の持続期間については、ファイザー社と武田/モデルナ社のワクチンの1・2回目接種の効果を約半年間比較した観察研究では、武田/モデルナ社のワクチンの方が、感染予防、発症予防、重症化予防の効果が有意に高かったと報告されています。

発症予防効果 ファイザー社 武田/モデルナ社

接種後 2~4か月時点

90.1% 94.0%
接種後 4~6か月時点 83.7% 92.4%

(※1) アストラゼネガ社のワクチンは原則40歳以上の方(ただし、他の新型コロナワクチンに含まれる成分に対してアレルギーがあり接種できない等、特に必要がある場合は18歳以上の方)を対象としています。

(※2) インフルエンザワクチンの発症予防効果は約40~60%と言われています。

多くの方に接種を受けていただくことにより、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されています。

新型コロナワクチンの「副反応」

 現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復します。また、稀な頻度でアナフィラキシーが発生したことが報告されています。

発現割合 症状
コミナティ(ファイザー社) モデルナ(武田薬品)
50%以上 接種部位の痛み、疲労、頭痛

接種部位の痛み、疲労、

頭痛、筋肉痛

10~50%

筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、

発熱、接種部位の腫れ

関節痛、悪寒、吐き気、嘔吐、

リンパ節症、発熱、

接種部位の腫れ、発赤・紅斑

1~10% 吐き気、嘔吐

接種後7日以降の接種部位の

痛みや腫れ、紅斑

 ワクチンによる発熱か、新型コロナウイルス感染かを見分ける場合には、発熱以外に、最近、咳や咽頭痛、鼻水、味覚・嗅覚の消失、息切れ等の症状が始まっていないかどうかが、手がかりとなります。

 ワクチンを受けた後、2日以上発熱が続く場合や、症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい上記の症状がみられる場合には、医療機関等への受診や相談をご検討ください。

 ワクチンによって健康被害が生じた場合は、国による予防接種健康被害救済制度があります。

予防接種を受けることができない人

  • 明らかに発熱している人(37.5度)
  • 重い重症疾患にかかっている人
  • 本ワクチンの成分に対し、過敏症の既往歴がある人
  • 上記以外で、予防接種が受けることが不適当な状態にある人

予防接種に注意が必要な人

  • 抗凝固療法を受けている人
  • 血小板減少症または凝固障害(血友病)のある人
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある人
  • 過去に予防接種を受けて、接種2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た人
  • 過去にけいれんを起こしたことがある人

ワクチン接種の「同意」

新型コロナワクチンの接種は、皆様に受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。

情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

 

ワクチン接種を受ける方には、ワクチンの効果と副反応のリスクについて理解した上で、ご自身の意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意がなく、接種が行われることはありません。

ワクチン接種を受ける時には、ワクチンについて正しく知り、納得したうえで受けましょう。

お問い合わせ先
朝日町保健センター
〒939-0746 下新川郡朝日町荒川262-1
電話番号:0765-83-3309
ファックス:0765-83-3309