冬季の水道管や蛇口の保護に向けて

冬の寒冷期は、屋外露出している水道管や蛇口は、風あたりの強いところや、雪や氷で覆われてしまったところなどが徐々に凍結し、水が出づらくなったり、止まってしまったり、破損が生じてしまうことさえあります。

  1. 凍結防止のために、保温材などを巻いて保温し、その上にビニールテープなどをしっかり巻き付けましょう。施工費用はかかりますが、朝日町指定給水装置工事事業者(施工業者)に保温工事依頼しても良いでしょう。
  2. 管が破損したときは、止水栓を閉めて水を止め(自家井戸の場合はポンプの電源を落とすことにより、水圧を弱めながら水を抜き)、破裂部分に布かテープを巻いて応急手当を行うとともに、朝日町指定給水装置工事事業者へ修理を依頼しましょう。
  3. 水が凍って出ないときは、凍結したと思われる部分にタオルをかぶせ、家庭内に残っているお風呂の余り水などを温めた「ぬるま湯」をその上からゆっくりとまんべんなくかけて溶かします。熱湯やバーナーをかけると、管や蛇口が破裂することがあります。タオルを巻き、ぬるま湯を施すことで、余熱により解凍は効率的になります。

 

水道のイメージ画像

お問い合わせ先
朝日町役場 建設課
〒939-0793 下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109