下水道の整備促進

下水道の整備促進について

 朝日町では、平成8年度から下水道事業に着手し、平成11年度及び平成14年度に下水道事業の整備促進を図るため整備地域の拡大認可を行い、平成14年3月に公共下水道の一部供用を開始しました。その後、平成19年度さらに平成24年度に新規整備計画地域の拡大認可を順次行い、下水道事業の普及促進に努めています。

 なお、工事の着工に際しては、関係地域の皆さんに下水道事業に関する説明を行い、下水管と公共マスの設置工事等を実施しています。

既存整備計画地域

  • 泊一区、泊二区、泊三区、五箇庄、南保、宮崎、境地区の各地区町内の全域または一部

 

新規整備計画区域

  • 大家庄、井ノ口、柳田、三枚橋、不動堂、横水、金山、窪田、舟川新、横道、殿町の各町内の全域
  • 高畠、高野、藤塚、辻岩崎の各町内の一部

下水道整備計画図

下水道整備計画図

供用開始公示後の整備地域では

公共下水道への接続

  • 生活雑排水のほかに、くみ取り便所は3年以内に、浄化槽式便所は速やかに公共下水道へ接続することが必要となります。
  • その接続工事は、個人ではできませんので、町が指定する下水道工事店にお願いして下さい。

朝日町下水道排水設備指定工事店一覧表(EXCEL:54KB)

朝日町下水道排水設備指定工事店一覧表(PDF:81.4KB)

受益者負担金と下水道使用料

 町では下水道工事を実施するため、その工事費の一部を受益者負担金として、また供用開始後における下水道の維持管理を行うため下水道使用料を納めていただくことになります。
 受益者負担金については、一般家庭において戸数割りで1戸当たり23万円を、また、店舗併用住宅を含め、工場や事業所等については建築基準法に基づく浄化槽の処理人槽区分に応じて、徴収することにしています。
 下水道使用料については、一般家庭において世帯人数割りで、月額当り1,954円の基本料金に世帯1人につき514円が加算され、4人家族の場合は4,010円となります。また、事業所等については水道の使用量に応じて、徴収することにしています。

下水道の申請関係書類

下水道関係・様式ダウンロード

下水道が使えるようになったら

受益者負担

下水道使用料

水洗化等改造資金利子補給制度

お問い合わせ先
朝日町役場 建設課
〒939-0793 下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。