新生児・未熟児・産婦訪問 産後ケア訪問

新生児訪問

対象者

生後28日以内の赤ちゃんとお母さん

※町外からの里帰りの方も対象

訪問時期

産科等から退院してから生後28日まで

訪問者

助産師または保健師

申し込み

母子手帳についている出生連絡票(ハガキ)を朝日町保健センター宛(下記お問い合わせ先)に郵送してください。なお、県内の他市町村または県外へ里帰りされる場合も、出生連絡票(ハガキ)を朝日町保健センターへ郵送してください。

出生連絡票(ハガキ)をなくされた方、町外から里帰りされている方は、朝日町保健センターへご連絡いただくか、下記「出生連絡票」をダウンロードし、ご記入のうえ、朝日町保健センターへ提出ください。

訪問回数

おひとり2回まで

利用料

無料

利用内容

・赤ちゃんの身体計測・発達の確認

・お母さんの産後の体の状態の確認

・お母さんに対するアンケート   等

出生連絡票(PDF:58.6KB)

おはなライン

未熟児訪問

対象者

低体重児(出生体重2,500グラム未満)や、NICUを退院された赤ちゃんなど未熟児等とそのお母さん

訪問時期

赤ちゃんが退院してきてから

※赤ちゃんが退院前でも、お母さんへの訪問をすることができます

申し込み

新生児訪問と同様

※赤ちゃんの体重が2,500g未満の場合、市町村への届け出が必要です。出生連絡票(ハガキ)を必ず提出しましょう。

利用回数

おひとり2回まで

利用料

無料

利用内容

内容は新生児訪問と同様ですが、未熟で産まれた赤ちゃんの発育・発達、お母さんのからだとこころのケアを重点的に支援していきます。

おはなライン

産後ケア訪問(産後ケア事業)

H30年4月1日からはじまります

対象者

朝日町に住所があり、下記のいずれかに該当する方

1. 身体的ケアおよび保健指導・栄養指導が必要な方

2. 心理的ケアが必要な方

3. 授乳指導や育児指導が必要な方

※新生児・未熟児・こんにちは赤ちゃん訪問は、2回まで無料で受けられます。

 訪問が終了した後、さらに3回目の訪問が必要と判断された場合に産後ケア訪問の適応となります。

訪問時期

分娩施設から退院後~産後4か月未満

訪問者

助産師

利用方法

「朝日町産後ケア事業利用申請書(様式第1号)」に、必要事項をご記入のうえ、朝日町保健センターへ提出ください。

※訪問を希望される場合は、助産師にお申し出ください。その場で、申請書を記入していただきます。

利用回数

おひとり5回まで

利用料

1回の訪問につき500円

 ※その場で助産師にお支払いください

 ※双子以上の場合は、2人目以降1回につき250円(半額)を加算してお支払いください

利用内容

1. お母さんのからだ・こころについてお話をうかがい、育児方法や生活について、具体的にアドバイスをします。

2. 赤ちゃんの身体計測や発達を確認します。

3. お母さんと赤ちゃんに合った授乳方法について具体的にアドバイスします。

*育児のことなど、何でもお気軽にご相談ください。

地図情報

お問い合わせ先
朝日町保健センター
〒939-0746 下新川郡朝日町荒川262-1
電話番号:0765-83-3309
ファックス:0765-83-3309

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。