在宅介護支援センター

在宅介護支援センターは、あさひ総合病院へ移設しました。

平成12年から 特別養護老人ホーム有磯苑に併設していた

朝日町在宅介護支援センターは、

平成31年4月に あさひ総合病院6階 (海側通路西) 移設しました。

 

介護認定申請や介護方法といった相談を伺っております。

 

「介護認定ってどうするの?」

「介護保険のサービスは、どんなものがあるの?」

「認定したけど、このあとどうしたらいいのかしら・・?」

 

いつでも お気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

住民の皆様が、住み慣れたこの町やご自宅で 安心して医療と介護が受けられるよう

在宅介護支援センターは、あさひ総合病院にて、医療と介護、病院と在宅を繋ぎ、

生活している方々を支援するボランティアや住民の方とともに

その人らしい生活・よりよい在宅介護を提供していきます。

 

 

 

 

在宅介護支援センターの機能

在宅介護支援センターには、次の3つの事業所があります。

 

1 居宅介護支援事業所

 ケアマネジャーがケアプランを作成したり、介護相談を受けます。

 

2 ホームヘルパーステーション

 ホームヘルパーが自宅に訪問し、身体介護(入浴介助や排せつ介助など)や生活援助(ゴミ出し、ご自宅の衛生環境整備など)を行います。

 

3 訪問看護ステーション

 看護師が自宅を訪問し、健康状態の観察や医療処置などを行います。

 

あさひ総合病院

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)