子どもの予防接種(定期接種)

B型肝炎

対象者

生後12か月未満

接種回数

3回

Hib感染症

対象者

生後2か月~5歳未満(接種開始月齢により接種回数が異なります)

小児用肺炎球菌感染症

対象者

生後2か月~5歳未満(接種開始月齢により接種回数が異なります)

4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活性ポリオ)

第1期初回

接種回数

3回

対象者

生後3か月~7歳6か月未満

第1期追加

接種回数

1回

対象者

生後3か月~7歳6か月未満

BCG(結核)

接種回数

1回

対象者

生後1歳未満(標準接種期間は5~8か月未満)

麻しん風しん混合

第1期

接種回数

1回

対象者

1歳~2歳未満

第2期

接種回数

1回

対象者

5歳以上7歳未満であって、小学校就学前の1年間

日本脳炎

日本脳炎の予防接種は、平成17年5月から平成21年5月まで接種勧奨を差し控えていましたが、新しいワクチンが開発されたことから、接種勧奨を再開しています。

特例措置として、平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの方で1期・2期の接種が終わっていない方は、20歳未満の間、日本脳炎の定期接種を受けることができます。

第1期初回

接種回数

2回

対象者

3歳~7歳6か月未満

第1期追加

接種回数

1回

対象者

3歳~7歳6か月未満

第2期

接種回数

1回

対象者

9歳~13歳未満

2種混合(ジフテリア・破傷風)

接種回数

1回

対象者

小学校6年生相当

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

接種回数

3回

対象者

中学校1年生~高校1年生相当の女子

※「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)」について、厚生労働省の検討会の結果、「ワクチンとの因果関係を否定できない副反応(持続的な疼痛等)について、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」とされました。

平成25年6月14日の厚生労働省の勧告に従い、当面の間、下記のとおり取り扱うこととなりました。

・現在、ワクチンの接種を積極的にはお勧めいたしません。

・個別通知等の積極的な勧奨を一時差し控えます。

・定期接種を中止するものではないので、接種を希望される方には、これまでどおり接種を受けていただくことができます。接種を希望される方は、「接種券・予診票」を発行しますので保健センターまでお越しください。ワクチンの有効性及びリスクを理解した上で接種を受けていただくようお願いいたします。

 

 

対象月齢になったら、お子さんの体調の良いときに、直接、下記の指定医療機関に予約して受診しましょう。
(他の予防接種との間隔に注意しましょう)

 

指定医療機関

◎あさひ総合病院(83-1160)

◎坂東病院(83-2299)

◎島谷クリニック(83-2225)

 

※ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がんワクチン)は以下の医療機関で接種できます。 

◎あさひ総合病院(83-1160)

◎あわの産婦人科医院(72-0588)

地図情報

お問い合わせ先
朝日町保健センター
〒939-0746 下新川郡朝日町荒川262-1
電話番号:0765-83-3309
ファックス:0765-83-3309