地震に備えて


地震が発生したとき、被害を最小限に抑えるためには、一人ひとりがあわてず適切な行動をとることが重要です。
 そのためには、みなさんが地震について関心を持ち、いざという時に落ち着いて行動できるよう、日頃から地震の際の正しい心構えを身につけておくことが大切です。
 地震が発生したとき、家族があわてず行動できるように、普段から次のようなことを話し合い、それぞれの分担を決めておきましょう。


まず身の安全を


ケガをしたら避難や火の始末が遅れてしまいます。家具の転倒防止や落下物の防止に努めましょう。

すばやく火の始末


揺れを感じたらすばやく火を消しましょう。各家庭から火を出さないことが重要です。

戸を開けて出口の確保


地震でドアが開かなくなることも考えられます。戸を開けて避難口を確保しましょう。

火が出たらすぐ消火


万一出火しても天井に燃え移る前なら大丈夫。あわてずに消火しましょう。

あわてて外に飛び出さない


あわてて外に飛び出すと落下物でけがをする恐れがあります。冷静に判断し行動しましょう。

狭い路地やブロック塀には近づかない


狭い路地では家屋の倒壊の恐れがあり、また、ブロック塀や自動販売機は倒壊の恐れがありますので近づかないようにしましょう。

協力しあって応急救護


地域ぐるみで協力しあって応急救護の体制を築きましょう。

山崩れ、がけ崩れ、津波に注意


居住地の自然環境を把握して2次災害の防止を心掛けましょう。

避難は徒歩で


マイカーでの避難は危険なうえ緊急車両の妨げになります。ルールを守る心のゆとりを持ちましょう。

正しい情報を聞く


うわさやデマなどの間違った情報に惑わされず、正しい情報を入手し、的確に行動しましょう。

 

 

お問い合わせ先
朝日町役場 総務政策課
〒939-0793 下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109