妊婦精密健康診査

 妊婦精密健康診査は、妊娠によって引き起こされた異常などが見つかり、医師に検査が必要と判断された場合に受けるものです。この検査が必要となった場合、町では1回分の検査費用を助成しています。

受診までの流れ

1. 医師が妊婦精密健康診査を必要と判断した場合、「妊婦精密健康診査受診申請書」を医療機関に提出

  します。

 ※「妊婦精密健康診査受診申請書」は母子手帳交付時にお渡ししてあります。

2. 「妊婦精密健康診査受診申請書」の必要事項は医師が記入します。

3. 記入の済んだ「妊婦精密健康診査受診申請書」に、記名・押印し、保健センターに提出してくださ

  い。

4. 保健センターにて、「妊婦精密健康診査受診票」を交付します。

5. 次の受診の際に、「妊婦精密健康診査受診票」を医療機関に提出してください。

受診できる期間

 妊婦精密健康診査は、保健センターへ妊娠届をされた日から出産された日までとします。他市町村より転入された方については、転入手続きをされた日から出産された日までとします。

注意事項

・県内の医療機関のみで有効。

・健康診査以外の治療・検査などは補助対象外となります。

里帰り出産のため、県外の医療機関での受診を希望される方は、別に保健センタ

 ーへ申請が必要です。下記の「里帰り等で県外の医療機関で健診を受けられる方へ」をご

 参照ください。

・他市町村へ転出されると、受診票は無効になります。転出先の市町村にご相

 談ください。

里帰り等で県外の医療機関で健診を受けられる方へ

平成29年4月1日から開始

県外医療機関にて妊婦精密健康診査を受ける妊婦さんに対して、健康診査費を助成します。

助成対象

朝日町に住所のある妊婦さん

助成内容

 県外の医療機関にて妊婦精密健康診査を受けた方で、健康診査に要した費用です。助成額は、健診費用として実費負担された額と下記表の上限額を比較していずれか少ない方の額とします。

健診

回数

上限額

妊婦精密健康診査

1回まで

6,500円

 

受診できる期間

 保健センターへ妊娠届をされた日から出産された日までとします。産婦一般健康診査については、検査を受けた日までとします。他市町村より転入された方については、転入手続きをされた日から出産された日までとします。

受診及び申請までの流れ

1. 医師に、妊婦精密健康診査が必要と判断された場合、保健センターへお越しください。申請書類をお

  渡しします。

※ご本人が保健センターへの来所が難しい場合は、ご連絡ください。

2. 「朝日町妊婦精密健康診査受診票兼領収書(様式第2号の1)」へ、医療機関に必要事項を記載してもら

  う。

3. 必要書類を持参し、保健センターへ申請してください。

申請方法

1.窓口:朝日町保健センター
2.申請書類:
 (1) 妊婦精密健康診査費助成申請書兼請求書(様式第1号の1)
 (2) 朝日町妊婦精密健康診査受診票兼領収書(様式第2号の1)
 ※医療機関で記載してもらう
3.申請期限
 健診を受けた日から1年以内に申請してください
支払方法
助成金は審査の上、申請された翌月に、申請書に記入された指定口座へ振り込みます。

地図情報

お問い合わせ先
朝日町保健センター
〒939-0746 下新川郡朝日町荒川262-1
電話番号:0765-83-3309
ファックス:0765-83-3309