妊婦一般健康診査

 妊婦健診とは?

 町では、妊婦一般健康診査14回分の費用を助成しています。
 妊婦健康診査はお母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするためのものです。また、流産・早産・妊娠高血圧症候群などの防止や早期発見のため、特に気がかりなことがなくても、少なくとも次のような間隔で妊婦健康診査受けましょう。

● 妊娠23週(6か月末)まで・・・4週間に1回

● 妊娠24~35週(7~9か月末)・・・2週間に1回

● 妊娠36週(10か月)以後出産まで・・・1週間に1回

妊婦一般健康診査受診票の交付

 医師の診断を受けたら、「妊娠届出書」を保健センターに提出してください。「母子手帳」と同時に、「妊婦一般健康診査受診票」(14回分)を交付します。受診した回数分(最大14回分)が無料になります。

注)・県内の医療機関のみで有効。

  ・健康診査以外の治療・検査などは補助対象外となります。

  ・里帰り出産のため、県外の医療機関での利用を希望される方は、保健セ

   ンターへ申請が必要です。

  ・他市町村へ転出されると、受診票は無効になります。転出先の市町村に

   ご相談ください。

里帰り等で県外の医療機関で健診を受けられる方へ

県外にて妊婦一般健康診査を受ける妊婦さんに対して、健康診査費を助成します。

助成対象

朝日町に住所のある妊婦さん

助成内容

 県外の医療機関にて妊婦一般健康診査を受けた方で、健康診査に要した費用です。助成額は、健診費用として実費負担された額と下記表の上限額を比較していずれか少ない方の額とします。

区分

上限額

第1回

19,390円

(子宮頚部がん検診を実施しなかった場合は16,350円)

第2~5回

5,530円

第6回

11,030円

第7回

5,530円

第8回

10,970円

第9~10回

5,530円

第11回

7,190円

第12~14回

5,530円

※助産所受診の場合  【第2~14回目】4,500円
受診できる期間
 保健センターへ妊娠届をされた日から出産された日までとします。他市町村より転入された方については、転入手続きをされた日から出産された日までとします。
申請方法
1.窓口:朝日町保健センター
2.申請書類:
 朝日町妊婦一般健康診査費助成申請書兼請求書(様式第1号)
 妊婦一般健康診査領収書(様式第2号)
 ※領収書(様式第2号について)
  医療機関の発行する領収書で、受診者氏名・受診日・受診した健診の区分・
  健診費として支払った金額・医療機関名が分かるものであれば、既存のもの
  で可とします。
3.申請時期:出産された日から1年以内に申請してください。
申請に必要なもの

1.上記申請書類

2.母子健康手帳

3.未使用の妊婦一般健康診査受診票すべて

支払方法

助成金は審査の上、申請された翌月に、申請書に記入された指定口座へ振り込みます。

 

 

 

申請書兼請求書(様式1号)(PDF:89.7KB)

領収書(様式2号)(PDF:61.3KB)

リーフレット(PDF:111.1KB)

地図情報

お問い合わせ先
朝日町保健センター
〒939-0746 下新川郡朝日町荒川262-1
電話番号:0765-83-3309
ファックス:0765-83-3309

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。