小川温泉元湯

小川温泉(おがわおんせん)元湯

住所 富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1

石灰華

町・天然記念物 昭和51年9月14日指定

石灰華の画像

小川温泉元湯の露天風呂湧出口付近には、多孔質で波状をした岩石が分布しているが、これは石灰華と呼ばれているものです。小川温泉の泉質は炭酸カルシウムを含む弱食塩線で、温泉水が地上に湧出し、圧力・温度の変化及び大気にふれるなどして、溶けていた炭酸カルシウムが沈殿したものである。現在の湧出口にある黄褐色あるいは赤褐色のいくつもの小さいドーム状のものは新しい沈殿物である。

小川元湯の石灰華は、露天風呂を中心に幅十八メートル、高さ二十メートル、奥行き数十メートルもあり、温泉にともなって、これだけ大規模に分布するのは県内でも珍しい。

天然洞窟露天風呂

小川温泉天然洞窟露天風呂の画像

小川温泉元湯 開湯四百年の伝統を持つ小川温泉元湯は、山脈を守護する薬師如来とともに長い歴史を得てきた霊泉です。子宝が授かることでも有名。

泉度は六十八度、胃腸病や神経痛、リューマチにも効くとされています。近くには、あさひ湖やハーブ園があり、旅情ムードがいっぱいです。

お問い合わせ先
朝日町役場 商工観光課
〒939-0793 下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109