第5次朝日町総合計画がスタートしました!

 朝日町では、平成28年度から平成37年度までの10年間を計画期間とする「第5次朝日町総合計画」を策定し、この4月よりスタートしました。

 この先10年間のまちづくりの指針として、「夢と希望が持てるまちづくり 朝日町」(子育て応援日本一のまち、生涯健康で活躍できるまち、移住・定住・交流で賑わうまち)を将来像に掲げ、この将来像の実現を図るため、7つのまちづくりの柱を基本目標としています。

 広報あさひ4月号でも計画内容を掲載していますが、この町ホームページにおいても、第5次朝日町総合計画を掲載します。

 

○計画策定の趣旨

 朝日町では、これまで、社会潮流や町民の志向を踏まえながら、その時代ごとに総合計画を4次にわたって策定してきました。第4次総合計画が策定されてから10年が経過したところであり、人口減少・少子高齢化をはじめとした山積する課題や町を取り巻く社会情勢の変化、求められるまちづくりの高度化・多様化に適時に対応するため、第5次朝日町総合計画を策定するものです。

 この将来における朝日町のあるべき姿と進むべき方向についての基本的指針である総合計画をもとに、これまで以上に町民と行政が力を合わせて、総合的・計画的かつ戦略的なまちづくりを進めてまいります

 

○総合計画の重点プロジェクトとして位置付ける「朝日町総合戦略」

 総合計画の将来像を実現するためには、主として前期5年間(平成28~32年度)に、重点的かつ戦略的に取り組むべき施策を「重点プロジェクト」として位置づけ推進していくことが必要です。朝日町では、昨年10月に「朝日町総合戦略」を策定しました。この戦略は、朝日町人口ビジョン(展望)を踏まえつつ、地域の特性や強みを活かしながら、人口減少対策に重点を置いた「ひとづくり」「しごとづくり」そして「地域づくり」を推進する計画です。このことから、「朝日町総合戦略」を第5次総合計画の重点プロジェクトとして位置付け、朝日町の最重要課題である人口減少の抑制、雇用の創出等を図り、「より豊かで住みよいまち」を築いてまいります。

 

○まちづくりに対する町民の声・意見・提言

 朝日町では、「朝日町再生会議」を立ち上げ、12回もの熱心で真剣、かつ前向きな議論と協議が重ねられ、昨年10月に「働くお母さんを“日本一”応援する事業」や「朝日町6次産業化構想」など、朝日町を真に再生するために必要な提言をいただきました。再生会議からの提言は大変重みのあるものであり、その内容は総合計画にしっかりと盛り込みました。

 また、平成26年度に実施した「町民アンケート調査結果」や町長自らが町内の地域に出向き、情報提供や意見交換を行う「タウンミーティング」でのご意見についても総合計画に反映させました。

 総合計画では、この「町民の声・意見・提言」を重視し、自治振興会からの要望等を含めたまちづくりを推進していきます。

 ●第5次朝日町総合計画

 ●第5次朝日町総合計画(ダイジェスト版)

 

 朝日町の魅力を維持し、さらに発展させ、広く発信していくためには、町民、地域、団体、事業者、そして行政のまちづくりに携わる全ての人が、主体的に参加し、情報を共有し、協力・連携するといった「オール朝日町」での取組みが不可欠です。また、町民一人ひとりが危機意識を持ち、「ここまでやらなければ町は変わらない」、「朝日町を再生する」という気概を持ち、心を一つにして、まちづくりを進めていくことが重要です。

 本計画の趣旨と目的をご理解いただき、町の将来像の実現のために、町民の皆様の積極的なご参加・ご協力をお願い申し上げます。

 

 また、総合計画における平成28年度の主要施策別事業実施担当部署も掲載いたします。

 ●第5次朝日町総合計画 主要施策別事業実施担当部署一覧表

 

お問い合わせ先
朝日町役場 企画振興課
〒939-0793 下新川郡朝日町道下1133
電話番号:0765-83-1100
ファックス:0765-83-1109

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。